No.002 菊永裕未

毎日波に乗れるように、
最近、海のすぐ近くに部屋を借りたんです!

今年3月に開催された選考会では、あと一歩で代表権獲得を逃してしまった。目標はボディボード世界選手権出場。日本から出場できるのは一人だけ。つまり日本一のボディボーダーになることが、裕未クンの今の目標なのだ。世界選手権は3年に1度だけ。「毎日波に乗れるように、最近、海のすぐ近くに部屋を借りたんです」という。次のチャンスを勝ち取るために、本気で練習に取り組む日が続く。「毎年、冬の数か月はハワイに行って練習するんです。だから、日常的な英会話は少しできるかな。サーフィンをテーマにした映画が日本で作られるときは、絶対出たい」。

ボディボードをきわめつつ、裕未クンは「もうひとつの夢」として、女優への道を模索し始めている。初めてノースショアの波に乗ったのは高校1年生の時。女性サーファーである母、そして父にも「行って来い」と送り出されるハワイには、ボードを抱えて一人で旅立つという。一度「ヒッチハイクしたら変なところで降ろされちゃって。困り果てて歩いてたら、知り合いが偶然クルマで通りかかって助かったことがあるんです」って、危ないよなぁ。でも遠いハワイで、偶然知り合いに救われてしまう波を通じた人脈と運の強さこそ、持って生まれた「パワー」に違いない。ビーチで弾ける笑顔が最高。そして、ホテルの部屋に戻り、ピンクのワンピース姿でルージュを直す裕未クンに、女優のオーラを感じたのだった。

Profile/Hiromi Kikunaga

  • 1984年10月18日生まれ (天秤座)
  • 神奈川県出身
  • T160cm B86.W63.H86cm

Category: 今週のどるばこ美女 | Tags: , , , , Comment »


コメントを残してください!



CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Back to top