No.077 高橋慶子

私の個性?
Sっ気のあるセクシーなお姉さまキャラってどうですか?

初めて人前で演じる仕事をしたのは小学6年生のころ。新聞のチラシでエキストラプロダクションの広告を見つけて自分で応募した。最初の仕事はテレビ番組の再現ドラマ。お父さんが死んじゃうシーンで呆然と立ちつくす役だった。「小学2年生の時、テレビのドラマを見ながら、私も大きくなったらこの画面の中にいるんだって思ったんですよね。今の目標は、ステキな女性になって、一生女優として生きること。ダメな私が成長していく学園モノとかやってみたいな」すでにアイドルDVDを2作リリース。テレビ東京の『サイコラ』って番組にも出演中の慶子クン。さらなる「成長」を期して『どるばこ』に応募してくれた。

「身長があと1cm欲しいんです。168って響きがいいなって思うから」って、ボディは十分成長してるけどね。もちろん、タレントとして輝くための「1cm」を伸ばすべく、歌や演技の勉強だってやってるし、プロポーションを磨く努力も怠りない。「私の個性? そうだなぁ。SとMだったらS。キューティーとセクシーだったらセクシー。姉と妹だったら姉。Sっ気のあるセクシーなお姉さまキャラってどうですか?」うん、うん、すごくいい。撮影中、床に放置された鎖を見つけて「巻いちゃおー」と身体に巻き付け「うわぁ、冷たいよぉ」と耐えるMっぽい表情も良かったけどね。SにもMにも女としての幅を広げて、輝きを放つ慶子クンに期待してるぞ!

Profile/Keiko Takahashi

自己紹介ムービー

YouTube Preview Image

Category: 今週のどるばこ美女 | Tags: , , , , , , Comment »


コメントを残してください!



CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Back to top