No.186 栗まり

官能小説朗読アイドル?
自ら演じた世界にハマリ、体当たりエロ小説執筆中!

グラビア関係の仕事を始めたのは1年半ほど前のこと。それまでは、福岡市内のライブハウスで歌ったりなんかしていたらしい。「高校を中退しちゃって、自分のやりたいことが見つからなくて。夢をもう一度見つめ直して、音楽学校に入ったんです。でも、福岡での限界を感じて上京して。最初はグラビアもやるセクシー系のアーティストを目指してたんだけど、気が付いたら、グラビアが楽しくなっていたんです」という。

昨年はエロい小説を朗読しながらいろいろ演じるDVDをリリース。「官能小説朗読アイドルとして採用してください」と、挑発的に応募してくれたのだった。「軟乳が自慢」って肢体も、いいあんばいのエロ具合。
「官能小説って、読んでみるとすごく引き込まれたんです。女のコだって、時にはそういう気分になることありますよね。小説の世界の中でなら、電車で痴漢されたら気持ちいいんだろうな、なんて想像しちゃう。あ、ホントに痴漢されたら激怒しちゃうけど(笑)」ってな、ぶっちゃけトークがまたエロい。

エロフィクションの世界に魅せられたまりクンは、今「自分で官能小説を書いてる」という。でも、ついつい感情移入しちゃって「ホントに体験したことを書いちゃったり、書いたことをホントにやりたくなったりするんです」ってのが悩みのタネ。傑作が書き上がったら、ぜひWEB『どるばこ』で紹介したい。それまでしばし、まりクンの体当たりエロワールドを、写真集で堪能してちょーだい!

Profile/Mari Kuri

自己紹介ムービー

YouTube Preview Image

Category: 今週のどるばこ美女 | Tags: , , , , , , Comment »


コメントを残してください!



CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Back to top